FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを読んで戴きありがとうございます!!
ポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

電王戦について思うこと その1

大みそかに電王戦が行われます。

電王戦リベンジマッチと銘打ち、森下九段とツツカナの再戦が行われることになっています。

過去2回の電王戦では人間の2勝1分7敗。またA級棋士2名がともにトップコンピューターに敗戦ということもあり、今回の下馬評ではコンピューターの勝利を予想する人が多いみたいです。

私はニコニコ動画に入っていないこともあって、過去2回の電王戦はあまり積極的には見ていませんでした。興味がなかったといえば言い過ぎかもしれませんけど、どちらが勝っても特別喜んだり悲しんだりということもなかったです。

ほかの方のブログをみると
ものぐさ将棋ブログ
ギズモのつれづれ将棋ブログ
とか結構電王戦に対して否定的な意見が多いように思います。

論調としては、
電王戦でプロ棋士がコンピューターに負ける
→プロ棋士の権威が落ちていく。
→将来的にはプロ棋士の社会的地位や収入(新聞社などのスポンサーの魅力低下)を招く。
→将棋界自体の衰退を招く

というものでしょうか。

また同様に電王戦タッグマッチに対しても、ソフト指しを助長するものとして批判する声が大きいようです。

私自身の意見はちょっと違っていて、このようにいろいろな試みをやっていくことは、将棋の発展に意義があるんじゃないかと思っています。


まず、プロ棋士の権威についてですが、私自身まだまだ低級ということもありますけど、プロ棋士の方がコンピューターに負けたからと言って、権威が落ちたとは全く思えないです。

すでに何度も議論されている話ですが、ほかの競技、例えば陸上の100m走や柔道において、もはや機械(コンピューター)のほうが上なのは自明です。それで、それぞれの競技者が軽んじられているかというとまったくそんなことはないと思うのです。

それは、やはり各競技者が自らの肉体の限界まで能力を高めて、競い合う姿があるからだと思います。人はやはり自分にないものに尊敬の念を抱くものではないでしょうか。それが変わらない限り、私はプロ棋士の権威というものは変わらないと思います。

そもそも今回の勝敗を受けてプロを貶めるような発言をする人は、いずれにしてもプロ棋士の権威なんてものは信じていない人だと思います。

最近大盤解説などに行くようになって、プロ棋士の方ってやっぱりすごいなと思うことが多いです。それは進行に対して出てくる読み筋を観戦者にわかりやすく言語化するところです。

もちろん読み筋を出すだけなら、いまや市販のコンピューターでも容易にできることでしょうけど、それをわかりやすく伝えるのって実はかなり難しい。なぜならわかるように伝えるためには、聞いている人の反応を見ながら、内容を調整してわかりやすく話さないと相手に伝わらないからです。

一般的な仕事においても、相手にわかるように話すことってすごく難しいんですよね。それができるプロ棋士の方ってやっぱりすごいと思います。この部分はコンピューターにはまだまだハードルが高い部分でしょう。

もうしばらく続きます。

12/21(日)の活動 
・詰将棋:52問(830/1000)
※3手詰めハンドブックⅡNo.53~104(52問)
スポンサーサイト

ブログを読んで戴きありがとうございます!!
ポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

もりぜん

Author:もりぜん
ついに10級(中級)に昇級しました!!!
レート560(2016/3/22)

Twitterもやってます。
ID:morizen22

訪問ありがとうございます
ゆっくり見ていってください。
コメント大歓迎です♪

訪問いただいた方々

現在の滞在者

今の閲覧者数:

最新記事

検索フォーム

フリーエリア

日本将棋連盟モバイル

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。